音楽系のことはほとんど書きません(詐欺)

音楽系のなんとやら

アウトはシンプル、インでは雑多な生活を好む人間の情報ブログ

アプリのレビューに暴言を書く人々

 

http://4.bp.blogspot.com/-R_SbY-eZiTQ/UROvG-d3r2I/AAAAAAAABck/lCOaDCO_Yhc/s320/ITunes_11_Logo.png

 

最近、無料アプリを入れようとしてレビューを見てみたら色々なことが書かれているんですね。

「落ちる、早く対応してくれ」や「こんなアプリ使わない」などと暴言が書かれている場合も多々あります。

 

それを見るたびに「レビューってそういうことじゃないだろ!」と思ってしまうんですね。

レビューとは評価という意味で、

そのアプリをこれから購入しようとしている人に対する長所と短所を詳しく説明して正当に評価しなければならないと、僕は思っています。

ましてや無料アプリは無料で素晴らしいクオリティのものを提供していただいているわけですから暴言を吐くのは筋違いです。

 

OSがアップデートして対応が追い付いていないアプリにはたまに「早くOSx.xxに対応してくれ」などのレビューを見かけることがありますが、何故そんなに上から目線なのかと思ってしまいますね。

早く対応して欲しいのはそのアプリが便利だからでしょうし、早く対応してほしいならそれ相応の態度というものが必要でしょう。

特にiTunesStoreはレビューの削除ができないのでレビューに要望を書かないでほしいと夜狐八重奏の作者、のっぺ氏が語っています。できるかぎり控えたほうがいいでしょう。

 

レビューというのは元々が『Re viwe』の文字通り、再び見ることなのです。これを僕はもう一度見返して確認する、という意味で捉えています。

日本では評価の意味で使われることが一般的になってはいますが、もう一度見返して正当に評価することが大事なのではないでしょうか?

広告を非表示にする