音楽系のことはほとんど書きません(詐欺)

音楽系のなんとやら

アウトはシンプル、インでは雑多な生活を好む人間の情報ブログ

Rockのミキシング is """""""""""""KUSO"""""""""""""って話

 今日初めてロック作ったんですよ。僕。

 ギター、ベース、シンセ、ドラムの4パートで構成して機嫌よく作ってたわけなんですね。

 途中までは良かったですよ。曲作ってる時は。それがミキシングとなると話は別。ナニが別かってダンスミュージックと全然違うの。

 まずRockは打ち込みであろうがなんだろうが楽器全体が「生きている」のよ。生音だから当然だけど、そうなると「潰してはいけない音」が必然的に出てきて、それが高音域のシンバルだったりする。でもコンプかけたりすると真っ先に潰れるのはシンバル。コンプは曲を平坦に潰したがるけど、シンバルが一番突発性高くて平坦にするのに邪魔な存在だから。

 ダンスだとKickやImpact系音色とかのFXがシンバル以上にでる場合が多いから意外と潰れてもわからないような音が多いんだけど……

 クソシンバルを乗り越えたら次に出てくる課題はベースの音圧。コンプかけて潰しましたとも。

 そしてトラック数が少ない分全体のミックスバランスが滅茶苦茶重要になってくる。

 ここにボーカルなんて入ってきたらキレるねぼかぁ

 そんなこんなでできあがったのがこれ。

soundcloud.com

うーんひどい。そしてこれをフリーダウンロードにする神経もひどい。

ロック作れる人って凄いなぁと改めて。

広告を非表示にする