音楽系のことはほとんど書きません(詐欺)

音楽系のなんとやら

アウトはシンプル、インでは雑多な生活を好む人間の情報ブログ

DTMerの情報収集に“いまさら”Facebookを勧める理由

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/7/7c/Facebook_New_Logo_%282015%29.svg/1200px-Facebook_New_Logo_%282015%29.svg.png

お題「マイブーム」

 こんにちは。最近Facebookを活用する機会が非常に増えてきました。それというのも活動の幅が広がるにつれて気軽にコミュニケーションを取ることができるツールというのが必須になってきました。
 Facebookという響きがすごく“いまさら”感を醸し出しているのですが、実は以外にも情報収集に長けたツールであることがわかりました。
 すこし紹介したいと思います。

最新のニュースが手に入る

 音響関係に携わっていると、最新の機材の情報を得ること、新しい利用方法やテクニックを仕入れることが重要になってきます。
 Facebookには多くの企業がページ登録をしており、またそれがタイムライン形式で流れてくるため一日数回チェックすると大体の概要が掴めます。
 

Twitter以上、LINE未満

 仕事関係で人と繋がるときに必ずコミュニケーションツールが必要となってきます。みなさんがよく使うツールには「Twitter」「LINE」、最近だとMastdonも出てきました。
 しかしここで問題となるのは繋がる距離です。
 Twitterでは仕事上のコミュニケーションやメッセージツールとしてはいささか緩く、中々に使いづらい一面があります。その反面、同人などゆるいコミュニケーションには最適ではありますが。
 LINEは逆に親密すぎるのです。どちらかというと家族や友達、といった身の回りの人々を追加するサービスで、実際に仕事であうくらいの人だと追加しづらいという人が多いのではないでしょうか。その一方でタイムラインは気の知れた仲間内だからはっちゃける、というのも見られるのではないかと思います。
 
 TwitterでもLINEでもない、そういう微妙な距離に対応するのがFacebookです。
 周りの年齢層が高く、ふざけた内容を投稿しづらいというのもあり全体的な雰囲気は落ち着いていますし、そのおかげでタイムラインの流れがTwitterほど早くなく情報を見逃すことが少なく、真面目な情報交換が日々行われています。更には友達登録したうえで、投稿をみたい人物だけをタイムラインに表示させることができるフォロー機能もあり、自分好みにカスタマイズできる点も素晴らしい。
 企業ページもFeedlyRSS、Webページより気軽に投稿できるため、情報が通常のサイトよりも早いことがあります。ブログに投稿した場合も、そのブログの記事を必ず投稿してくれるのである意味RSSといってもいいでしょう。
 

海外の投稿も怖くない

 Facebookには翻訳機能が標準搭載されています。そのおかげで海外のページも臆することなく閲覧することができます。もし外部ページでもGoogleChromeを使っているのならば問題ありません。翻訳機能がブラウザについていますので自動で日本語に変換してくれます。
 

現場で大抵誰でも使っている

 音楽の現場では大抵の人がFacebookをやっているという事実があります。今までお会いした方でFacebookをやっていなかった方はいませんでした。そのくらい普及しているのです。
 今からでも遅くはありませんから、あなたもFacebookを始めてみましょう。
 

僕のFacebookページはこちらです